当たる電話占い


私が占いに行ったのは3年前です
水晶やタロットには興味が無く、何か透視できるような力を持っている様な自分にない力を持っている人を探していたところ、友人の紹介である占い師を紹介してもらいました。
そこは半年前予約で料金はなかなかお高めですが何か気分が落ち着けるのならばと思い行くことになりました。
最初はうたがっていたのですが、いろいろと説明を聞き、なぜわかるのですか?と聞くとあなたの後ろに白黒の映像が浮かび上がり、出会う人や何が起きるかが映像で見えるとのことでした。
実際の占いの内容は、
恋愛に関しては、2人あなたに当てはまる人がいます、
1人はこんな感じの顔、もうひとりは。似顔絵を書いてくれました。

確かに特徴、職種どのぐらいの仲なのかもほとんど当たっていました。
その他に、ビジネスパートナーかな?恋人にしても良いのでは?という男性ひとりがでましたよ。といわれました。
ちなみにそのビジネスパートナーとなる人はこれから出会い、出会い方としては突然2人の外人さんが現れ、その人がビジネスパートナー?恋人?を巡り合わせるという話でした。
日本ですか?と聞くと、日本のような日本人ではないかもしれません。といわれました。
しかし、2人の方のどちらかが連れてくるかは読み取れません。といわれました。
それから気にもしていませんでしたが、ある日お友達と海外旅行へ香港に行った時にクラブへ行きました。するとお友達がイギリス人にナンパをされました。
せっかくだし楽しもうという事で、2人の男性とその連れのお友達の彼女?らしき人、三人と仲良くなりその日は楽しく過ごし連絡先を交換し解散しました。
ちょこちょこ連絡を取り合っていると、今度日本で仕事があるので遊びましょうと誘われました。
1人で行くのには少し抵があったためお友達と2人で行くことに。
待ち合わせ場所へ行くと、相手もお友達をつれて来ました。
パッと見日本人に見えましたが自己紹介し合うと、香港の方でした。
私達もかたことでしか話せないため、いろいろ大変でしたが日本のいってみたい所へ案内してあげて、最後の日にまた皆んなで連絡先交換をしました。
それから何日かたって、香港の男性から仕事で日本によく来ることになるのでよろしくお願いします。とりをしました。
それからは日本に来るたびに色んなところへ連れて行き、仲良くなると言い寄られるようになりました。
もうアタックされ始めました。
ふと占いの事を思い出しました。
確か外人さんが2人現れて1人現れるってゆってたな。あ!そういえば日本人のようで日本じゃないかもってこの人だ!

全て心当たりが重なった時に当たりすぎて怖くなりました。
こんなに当たるものなのか…凄すぎて鳥肌がたちました。

それからは、香港人の男性はいつも私に対してとても優しいし、真面目で仕事熱心。特にあまり慣れないレディーファーストな行動などに惹かれていきました。

ですが言葉の理解がまだまだ分からずなんとなく流れで付き合うのもよくないなと思い、理解できるまでお友達のままでいようと決めました。

最初占いの現場で言われても気にしていなかったことが、あとあとすべてが繋がってこんなにリアルに当たるなんて…やはり自分にない力を持っている人は世の中に本当にいるんだな!とおもった出来事でした。西洋占星術


生年月日や名前の画数などで知る自分の未来

当時の私は長年付き合っていた彼氏と別れてすぐで「恋愛ってどうやってすれば良いのだろう」と思っている状態でした。
周りからは「きっと良い人がいるから」と合コンに誘われたり、相席居酒屋に誘われたりと出会いをたくさん提供されていました。
ですがそこで出会うどの人もなんだかパッとせず、良いなと思っていた人がいても実は既婚者だったり彼女がいたりと悪い縁ばかりだったのです。
そんな時に、友人からとても良く当たる占い屋さんがあるからと紹介され、占いを受けることになりました。

そこでは生年月日や名前の画数など基本的なことを答えて占ってもらうシステムでした。
そんなことだけで当たる訳がないと思っていたのですが「最近悲しい別れがありましたか?」と早速当てられたのです。
驚いてしまったのですが「この別れは最初から決まっていたことなのであなたが悪い訳ではない。正しい運命の人と出会うための試練なので前を向きましょう」と言われたのです。
確かに喧嘩別れをした訳ではなく、結婚をしようとした時に両家の意見が合わなくて別れることになったので「何故ここまで当たっているのか」とドキドキが止まりませんでした。
また、今出会いを求めて行動を起こしていることやそれが思ったように上手くいっていないこと、年上の男性ばかり魅力に感じているなどの現状も全て当てられました。
ですが占いの結果はそれを否定するような内容で「出会いを求めたら求めていた分だけ悪い縁しか寄ってこない時期。あと3か月程すれば何もしなくても良い縁が来るし、その相手とは結婚などの話もすぐに進む。相手は年下で、今まで付き合ったタイプとは真逆ですがしっかりしていて一途な人です」とのアドバイスを受けました。

年下の男性とお付き合いはしたことがないですし、連絡をとっている人もいないのですが「これから出会うから」と言われました。
その後言われた通りに自分から出会いを求めることはせず、女友達と楽しく過ごしていました。
すると、占いで言われた通りに3ヵ月程経ったころにイベントである男性に声をかけられたのです。私のタイプは真面目な人ですが、見た目はチャラそうですし正直遊んでいそうだなという印象でした。 ですが連絡をとってみると仕事熱心で一生懸命で、不器用で、友達思いで優しい人だということが分かりました。1番驚いてのは年齢が本当に年下だったことです。 何度か食事に行くうちに意気投合し、お付き合いをすることになりました。その結果、付き合って半年程で結婚を前提にと両親に挨拶までしてくれています。 今まで長年付き合った男性はいましたが、こんなことはありませんでした。その後、占い師の方に会いにいったのですが「言った通りだったでしょう?」と言われて少し震えてしまいましたね。 電話占い好き

人が占いを信じる理由とは

人が占いを信じる理由はギャンブルと似ています。信じていなし人も一度、占いを経験してみて一回でも当たると大体信じ込みます。二回目も当たってしまうとどんどん信用していき、ないと困るものになっていきます。おみくじはなかなか凶がでないので大吉をひいたときの気分の高まりが、次もひこうという気になります。
モチベーションをあげるために占いを頼っている方もいます。日本は宗教でも信仰がふかいものがなく精神的な病気にかかりやすい国です。弱っているときは決断力が落ちてしまうので信じるものが欲しくなり占いに頼ります。
占いに頼って失敗したら占いのせいにできるので心も楽になります。

手相を信じる理由は自分の体の一部をみて占うので当たってると思い込みやすいからです。手相や人相自体は占いよりも統計で決まっていることが多いので信用しやすいです。
毎日、苦しいことがあると顔が暗そうになり笑顔でいると口角があがったりするので占いというよりもカウンセリングに似ています。
占い師による占いもカウンセリングと同じ効果と思えます。口がうまく良いことを言えばよい気分になり、有頂天の時は気をつけるべきと言えば大体、当たるような行動を人間はとります。
有頂天の時に注意をすればお金を使うこともなく危ないことが減ります。へこんでいるときに良いことを言えば頑張れる気がします。実際にハキハキシテいる方が仕事も家庭も明るくなり全体的な雰囲気が良くなり当たったと思います。
人が当たったと噂をすれば自然と占いを信じる人が増えます。例えば、東京のあの服屋が良かったよと言っている人がいたら信じる人がでたり更に噂をする人が増えます。
良いか悪いかの噂に流されやすい人がいる限り行ったことのない占いでも信じてしまう人もいます。

占いは悩んでいるときの身近なカウンセリング要素と当たったというギャンブル的要素で信用してしまいます。自分にとってプラスになっていれば占いをやめる理由もなく信じます。
占いはあくまでお守り的要素です。お守りを買って持っている人と占い師に相談しに行く人と信じている度数はあまりかわりません。お守りをモチベーションにするか占い師をモチベーションにするかで
企業も占いで進めるところもあります。大きな商談は不安も大きく占いをあてにします。心がぶれやすい人や精神的にまいっている人が占いを信じやすいです。
日本人はその時だけ信じるタイプと宗教のように信じるタイプがいます。どちらにしても、その時だけ信じた人はまた頼る可能性は高く占いの話術は一種の洗脳状態とも言えます。

占いは、何かにすがりたい時の安心の素

私たちは生きて行く上で、様々な選択をしています。 一般的には一番は結婚でしょうか。この人でいいのだろうか、時期はいつがいいのだろうか。そもそも結婚をした方が幸せになれるのだろうか?
または、マイホームを購入する、企業をする、転職や引っ越し。投資や同居などもそうですね。
それ以外でも、告白されたけどどうしようか、高校や大学は何処がいいのか。介護は自宅で家族でみるのと施設に入れるのではどちらがいいのだろうか。
小さい事では休みは何をしようか、プレゼントは何にしようか、夕飯は何にを作ろうかなど特に意識してなくても、毎日たくさんの事を選択しながら生活しています。
よく、恋愛や仕事の事などを友達や同僚、彼氏彼女に相談しますが、基本的には相談ではなくて聞いてもらっているだけです。アドバイスや真面目なだめ押しをしてもらいたい訳ではなく、話す事によってすっきりしたい。『そうだよね〜』とか『わかるよ』と同調してもらいたいだけです。もしくは決めてはいるが、後が一歩背中を押してほしい。たぶんほとんどの人が心当たりあると思います。 でも、とても自分では解決できない、考えたこともないような大きな問題が起きたり、誰にも言えないような事柄にぶつかった時、何かにすがりたくなってしまいます。

そんな時、ほとんどの人が占いに頼りたくなるのではないでしょうか。もちろん宗教などをされている方は別かもしれませんが。
占いは実際には人がやっている事ですが、その向こうには何か例えきれない神秘的な世界です。
どんなに偉い知識がある人だとしても、ただの人の意見だとしたら相談しようとも思わないでしょう。

どうしていいかわからない時、『こうしなさい』と言われるだけで少し安心するでしょう。自分ではどうする事もできない事への一種の責任転換かもしれません。
どんなに普段威張っている人でも、お金持ちだとしても人間は誰しもそんなに強くありません。
不安な思いや誰かにすがりたくなる時はあるでしょう。
よく、企業して成功している人は節目に必ず決まった占い師に相談する人が多いと聞きます。
正直、どこまで信頼があるのかわかりませんが、そう安心する事が大事なのだと思います。それで、安心して前に進めるのなら十分に効果があると思います。
私も数回、行った事があります。再婚ができるのかと子供を授かる事は将来あるのか、働かず暴力的な父親と今後どうして生野がいいのかと不安でどうしようもない時でした。
色々言われる中で、全てを信じたわけではありませんでしだが、少し不安が解消され前向きに頑張ってみようと言う気持ちにはなれました。 また、何かに迷った時は占いに行ってしまうのだと思います。